教室について
ホーム > 教室について

プラススタディの考える「個別」のあり方

生徒一人ひとりに合わせたカリキュラム

プラススタディの個別指導(各コースで個別指導を受講していただくことが可能です)では、講師と生徒が1対1で授業を行います。
カリキュラムはありますがそれにしばられるのではなく、現在の生徒の状態と、一か月後、半年後、一年後に到達しておきたい状態を重ね合わせ、逆算したスケジュールで授業内容を決めています。
マニュアル通り、決められた教科内容を決められた時間で消化する指導にも、一定の効果はあると思います。
しかし、生徒一人一人の状況に合わせ、それぞれの目標に向けて今必要なことは何かを探るというスタンスで国語の指導が行われる場合は非常に少ないだろうと考えています。

個別を超える"1対1指導"

特に1対2、1対3の個別指導の場合、問題を解いている間は講師が自分以外の生徒を指導していて、問題を解き終えたタイミングで生徒に対する指導が始まるスタイルが多いのではないかと思います。
一人の講師が同時に、学年を問わず、複数の生徒を指導できるという点では非常にメリットの大きいやり方ですが、いつも解き終わりと解説開始のタイミングがぴったり合うわけではありません。また、このやり方ではどうしても抜けてしまうポイントがあります。
それは、指導する講師が「生徒がどう考え、どう動き、どう答えにたどり着いたか」を目の前で直接見られないということです。実は、問題を解いている間の生徒の動きこそが大切なのです。解き終えた内容や生徒本人への聞き取りからは見えてこないミスの原因に気づくためには、解いている様子をつぶさに見守る必要があります。1対複数の個別指導ではこの最も大切な過程が抜けてしまうのです。

プラススタディの個別指導は"ここ"が違う

個別指導 プラススタディの場合
・生徒が演習している際にも生徒の視線に注意しているので、考える過程、解答を作る手順を把握できる。
矢印
・苦手意識を持つ問題に対して、どういう弱点があるのかを把握し、その対策を講じることができる。  また、問題を総合的に解いていくのではなく、解けなかった問題の練習を集中的にこなすため、解けるようになるまでのサイクルが早くなり、時間を効率的に使うことができる。

 ホームワークルーム(HWR)を利用して、復習を行うことができ、あいまいなところも完全に理解することができる。ここでも必ず講師が生徒の様子を把握している。
個別指導 プラススタディの場合
・演習中の生徒に講師の視線が向かないため、生徒一人一人の間違えた理由をリアルタイムで把握できない。
矢印
・ノートに書かれた式や答えからしか、間違えた理由が判断できず、一人一人の癖やどこをどう考えて、その答えに至ったのかを把握できない。
特に、国語では、途中経過を問題やノートに記入していく生徒は少ないため、生徒の弱点を見つけにくい。
そのため、結果が現れるまでに時間がかかり、年間のカリキュラムの学習進度が遅れることもある。

まちがいをプラス!に転化できる指導

生徒の間違え方は間違えた生徒の人数と同じ数あると、私たちプラススタディでは考えます。たとえ間違えた内容(答え)が同じだったとしても、その答えにたどり着いた理由は本当にいろいろなのです。解いている間の目線や線・印の引き方、答えを出すためにどの部分を読もうとしているか、などを一つ一つ目の前で確認することによって、どう考え、どう動き、どう答えを出そうとしたのかを講師が理解したうえで指導できます。そしてそれを生徒自身にていねいに伝えた結果として何に失敗していてどう直せばよいかを探り出し、間違えたことをマイナスではなくプラスに転化できるような生徒になっていってほしいと思います。

以上のような理由から、1対1で密度の濃い個別指導を行っていきたいとプラススタディでは考えています。

教室について

組織名

学習塾 CSJプラススタディ

郵便番号

〒607-8076

住所

京都市山科区音羽役出町1-26 上田ビル4階

電話番号

075-595-5351

代表者

代表 福嶋 淳 [→詳しいプロフィールはこちら]
お知らせ

国語力強化型学習塾

国語力の強化で成績をアップ

国語の指導を通じて国語力を伸ばし、各教科の基礎力を養います。

□公立中高一貫校を受験するけれど、作文力に不安
□集合塾の学習スピードについていけない
□国語の読解問題に不安
□算数の文章問題が苦手
□家での学習習慣が身につかない □勉強がおもしろくない

こんな悩みがあれば、一度ご相談ください。

ご参考: 読解力について

いつでも使える自習室システム「ホームワークルーム」

予定時間・予定範囲の聞き取りをしたうえで自習を開始していただきます。時間内に適宜声をかけ、進み具合の確認や質問対応をいたします。
「質問するのが苦手」という生徒さんには、こちらから声をおかけします。
「教室にいただけ」の自習には絶対になりません。

ホームワークルームに関して、追加費用は一切いただきません。(授業とセットです)

受講コース

1.わかるコース

勉強の習慣をつけ、「ことば」の楽しさを知り、学校の学習内容を正しく理解する。

2.のびるコース

質問と反復で理解度を深め、100点を取って成績上位を目指す。

3.公立中高一貫コース/難関私立中学受験コース

生徒と講師の二人三脚で、問題を正しく解く国語力を身につけ、志望校合格を目指す。

対象:小・中学生

学習に関するお悩みを、なんでも気軽にご相談ください。